プロフィール Profile
郡 愛子のオフィシャルプロフィールです。
メゾ・ソプラノ 郡 愛子(こおり あいこ)
・プロフィール
郡 愛子がこれまで出演してきた主な放送番組とCM
・LIST
メゾ・ソプラノ  郡 愛子(こおり あいこ) 
プロフィール
1975年に日本オペラ協会より、78年に藤原歌劇団よりオペラ・デビュー。とくに日本初演オペラや創作オペラなどで卓越した才能を発揮し、1985年、86年に、日本唯一のオペラ賞と言われたジロー・オペラ賞を、2年連続で受賞。また87年には、自身初のリサイタル<オルフェオの世界>で昭和62年度文化庁芸術祭賞を受賞。 90年~92年には、TV、ラジオで全国にオン・エアされた、三菱自動車DIAMANTEのCMでの歌声が大きな反響を呼ぶ。以来現在に至るまで、両所属団体における公演はもとより、小澤征爾指揮≪ヘネシー・オペラ・シリーズ≫ほか数多くのオペラに出演。 新国立劇場主催公演では、1998年以降<蝶々夫人>、<エウゲニ・オネーギン>、<ヘンゼルとグレーテル>、<セビリアの理髪師>などのオペラに出演を重ねている。コンサートにおいても、これまで主要オーケストラの定期演奏会、特別演奏会などへの出演は枚挙にいとまが無い。98年~99年には、佐渡 裕指揮<バーンスタインズ・ニューヨーク>、<キャンディード>に出演。幅広いレパートリーと奥深い芳醇な声、そして圧倒的な表現力において日本を代表するメゾ・ソプラノであり、2002年には、横浜アリーナで開催された≪3大テノール・ラスト・コンサート・イン・ジャパン≫にゲスト出演、世界3大テノールと共演し話題となる。また、同公演の総合プロデューサー、内野二朗氏自らのプロデュースによる<“メゾ・ソプラノの女王” 郡愛子リサイタル>が、翌03年、04年と二度にわたり青山劇場において開催される。04年、バーンスタイン作曲、宮本亜門演出、ミュージカル<キャンディード>のロング・ランで「オールド・レディ」を演じ、絶賛を博す。06年、日本オペラ協会主催のオペラ<葵上>に主役「御息所」で出演。2010年、藤原歌劇団公演<カルメル会修道女の対話>では、「クロワシー修道院長」の大役を務める。 “愛といのちの尊さ”、“生きがい”等のテーマを主とした自身のリサイタル、ライヴ公演はほぼ毎年開催し、とくにデビュー20周年から5年ごとに東京芸術劇場大ホールで開く周年記念リサイタルは、何れも盛況のもとに成功を収めている。昨年(2015年)11月にデビュー40周年を迎え、11月22日の東京芸術劇場大ホールを皮切りに、本年(2016年)6月18日にHakuju Hall、そして本年11月20日によみうり大手町ホールにおいて、それぞれプログラムの異なる40周年記念リサイタルを開く。
CDアルバムは、「やるせないアリア/郡愛子 愛を歌う」、「日本抒情歌集/郡愛子」、そして収録曲全曲を自身で作詞・訳詞した世界名曲集、「郡愛子30周年記念アルバム〜これ以上の愛は」が、(公財)日本伝統文化振興財団より発売されている。さらに、08年の<郡愛子リサイタル2008>の開催にあわせて、7つのジャンルから選曲、収録した画期的なCDアルバム「Voices」が(株)C・オーグメントより発売されたが、その後好評のうちに、「VoicesⅡ」、「VoicesⅢ」、「VoicesⅣ」、「VoicesⅤ」がリリースされてきている。 テレビ出演はこれまで、NHK「ニューイヤー・オペラコンサート」、「ときめき夢サウンド」、テレビ朝日「題名のない音楽会」、「ニュースステーション」、日本テレビ「深夜の音楽会」などの番組のほか、BSテレビ、FM、AMラジオへの出演も数多い。
公益財団法人 日本オペラ振興会 理事
日本オペラ協会 総監督
藤原歌劇団 団員
公益社団法人 日本演奏連盟 理事
ホームページ
http://www.koriaiko.com/
郡 愛子がこれまで出演してきた 主な放送番組とCM 
LIST
<TV番組出演>
・NHK「ときめき夢サウンド」
・日本テレビ系「深夜の音楽会」
・NHK「ニューイヤー・オペラコンサート」
・テレビ朝日「ニュースステーション」
・テレビ朝日「新題名のない音楽会」
・テレビ朝日「題名のない音楽会21」
・NHK「3大テノール・ラスト・コンサート・イン・ジャパン2002」
※その他、BS放送、FM、AMラジオは、数多くの番組に出演。
<TV-CMの歌> 
・三菱自動車“ディアマンテ”
・三菱自動車“ニューディアマンテ”(歌・映像とも)
・花王“ブローネ”
・ニチレイ“アセロラドリンク”